【排泄予測機器】2022年4月から介護保険適用へ〈厚労省方針・福祉用具販売〉

 

こんにちは、カワイコーポレーションです。

 

2022年の4月から「排泄予測支援機器」が特定福祉用具販売の対象品目に加わります。

〈厚生労働省が2021年12月8日に発表〉

 

 

 

排泄予測支援機器とは

 

 

膀胱内に尿がどれだけ溜まっているか超音波で把握し、トイレ誘導やおむつ・パッド交換のタイミングを通知し、自立支援や快適な介護環境をサポートします。

 

 

利用対象者

 

 

【排泄タイミングが不明確で、自立排泄が困難】

尿意や認知機能の低下等により排泄のタイミングが不明確な方

 

【トイレへの移動が難しく、自立排泄が困難】

自力でのトイレ移動に時間がかかる、自力でトイレに行けない方

 

 

使用方法

 

 

超音波センサーを腹部に貼ることで膀胱の変化を検知、排尿のタイミングを把握し排泄する。

また、介助者(家族)が通知を受け、排泄の声かけやトイレ誘導を行う。

 

 

特定福祉用具販売

 

 

自宅で自立した日常生活を送れるように、指定を受けた事業者が、入浴や排泄に用いる、貸与になじまない福祉用具を販売。

介護保険の適用により、利用者の支払いは年10万円を上限に1割(一定の所得がある人は2~3割)負担で購入できます。

 

 

◆特定福祉用具の販売は以下にご連絡ください

*記事でご紹介した排泄予測支援機器の取り扱いはしていませんが、その他の福祉用具を多数ご用意しています。

 

 

私たちは、老人ホーム・介護施設の身元保証サービス「みかづき」という、連帯保証人と身元保証の負担を減らしたサービスを提供しています。

介護施設運営をされている方向けに、介護施設に関わる費用を保証するなど、施設のお金に関わる問題を解決するサービス、施設利用料保証サービス「えんがわ」 も提供しています。
関連記事