高齢者の「廃用症候群」を知っていますか?

こんにちは、カワイコーポレーションです。

 

 

病気や入院、または寝たきりで安静状態が続くと心身の機能低下がおき、多くはリハビリなどを経て改善しますが、高齢者の場合は「廃用症候群」がきっかけで認知症を発症したり、本格的な寝たきりになることがあり、問題になっています。

今回は「廃用症候群」の原因や対処法を紹介します。

 

 

*「廃用症候群」は「生活不活発病」「寝たきり症候群」とも呼ばれています。

 

 

 

 

廃用症候群の症状

 

 

体を動かさない状態が長く続くと、身体能力低下と内臓の機能低下が起こります。

 

 

【運動器障害】
・筋萎縮(筋肉が衰える)
・関節拘縮(関節が硬くなり動きが悪い)
・骨萎縮(骨がスカスカになりもろくなる)

 

 

【循環・呼吸器障害】
・誤嚥性肺炎(食べ物や唾液が気管支や肺に入る)
・心機能の低下(心臓の働きが低下し十分な血液を送りだせない)
・血栓塞栓症(血管が詰まる)
・起立性低血圧(急に立ち上がるとふらつく)

 

 

【自律神経・精神障害】
・うつ状態(気分が落ち込む)
・せん妄(ぼんやりして幻覚や錯覚が見られる)
・見当識障害(今いる場所や時間がわからない)

 

 

 

廃用症候群の進行

 

 

 

知らぬまに進行し、気がけば「起きられない」「歩けない」状況も少なくありません。

絶対安静の状態で1週間たつと10~20%の筋力低下が起こると言われています。

高齢者では2週間の床上安静で下肢の筋肉が2割萎縮するともいわれ、過度に安静にすることで、全身の身体機能に悪影響をもたらします。

 

 

 

廃用症候群は治療より予防が一番重要!

 

 

高齢者が一度廃用症候群になると、元の状態に改善するのは難しくなります。

つまり廃用症候群は治療よりも予防が重要です。

 

 

日本で長期入院・寝たきりの原因は「脳卒中」「認知症」「転倒による骨折」です。早期発見・早期治療に努めましょう。

生活習慣の見直しも大切です。

健康な時に体を動かす習慣を身につけ、寝たきりを予防。

一時的に安静状態が続いても、できる限り体を動かし長期の寝たきりを防ぎましょう。

 

 

 

入院や寝込んでしまったときには・・

 

 

寝たきり状態でも体を動かす介護の仕方が必要です。寝たきり介護をする際の注意点やポイントは以下になります。

 

 

【座ることを意識する】

座位時間を増やしたり、ベッド上で上肢や下肢を動かす運動を行います。

 

 

【脳への刺激を意識する】

音楽やラジオを聴く映画を観るなどインターネットやスマホを活用して脳を活性させましょう。編み物やパズル・詰将棋など気分転換になるものも必要です。

 

 

【人とのかかわりを意識する】

話すことを心がけ、周りは言葉かけや励ましを行いましょう。

できるかぎりの面談もしてあげてください。

 

 

【マッサージなどの手当て】

血行を良くし心の癒しにも効果があります。「手当て」という言葉どおり体を軽くさするだけでも、効果があります。

 

 

【ベットの上での運動】

上肢や下肢を動かす運動を自力や補助をして行う。

 

 

【床ずれ予防】

体位変換を行ったり、体圧分散用具を活用するなど、適切なケアをして床ずれを防ぎましょう。

 

 

【排泄のケア】

自分で便意や尿意を伝えられる間は、便器に座って排泄するようにしましょう。

 

 

入院しても早いうちから治療を妨げないリハビリを行い、病気が治ったら速やかに自宅に戻りましょう。

 

 

 

まとめ

 

 

 

寝たきりの介護は負担が大きく、介護者の体調を崩す場合があります。介護者の負担を軽減できるよう、介護サービスを活用し家族や親戚と話し合って役割分担しましょう。

息抜きし、困ったことは家族やケアマネジャーに相談しましょう。

 


 

 

福祉用具のレンタル・購入をご検討されている方

福祉用具専門スタッフがあなたに合った商品をご提案させていただきます

 

連帯保証人・身元保証でお困りの方!

利用しやすい価格での保証サービスご提供しています

 

老人ホーム・介護施設の身元保証サービス「みかづき」

 

私たちは、老人ホーム・介護施設の身元保証サービス「みかづき」という、連帯保証人と身元保証の負担を減らしたサービスを提供しています。

介護施設運営をされている方向けに、介護施設に関わる費用を保証するなど、施設のお金に関わる問題を解決するサービス、施設利用料保証サービス「えんがわ」 も提供しています。
関連記事