「年金手帳」2022年4月に廃止になります

こんにちは、カワイコーポレーションです。

 

国民年金の加入者が持つ「年金手帳」が2022年4月以降、廃止になります。

今まで、保管していた「年金手帳」は不要なのでしょうか?

 

 

1997年、国民・厚生年金の記号番号が一本化され全員が「基礎年金番号」を持っています。

 

 

年金の手続きに「基礎年金番号」が必須でしたが、今はマイナンバーで全て管理されています。

 

 

2022年4月以降は年金手帳を持たない人たちもでてきます。

 

2022年4月以降は年金手帳を紛失しても再交付はされません。

もし現在、年金手帳を紛失されている場合は、再交付を検討してみてください。

 

 

マイナンバーがあるなら、基礎年金番号もいらない?

 

 

マイナンバーカードがあれば基礎年金番号が不要かは決まっていません。

年金手帳、基礎年金番号通知書は大切に保管しておくのがベストです。

 

 

日本年金機構のホームページの回答要約

 

 

Q.マイナンバーを届け出れば、基礎年金番号は不要ですか?

 

年金の手続きはマイナンバーか基礎年金番号を利用していただきます。

 

*海外に転出された場合

*国民年金保険料の口座振替申出

これらはマイナンバーではなく基礎年金番号で手続きを行っていただきます。

基礎年金番号が記載されている年金手帳などは、大切に管理してください。

 

出所:日本年金機構 ホームページより

 

 

政府は2022年度末までに、マイナンバーカードの100%普及を目指しています。
その時には、基礎年金番号が不要になるかもしれません。それまでは年金手帳は保管しておきましょう。

 

 

 

私たちは、老人ホーム・介護施設の身元保証サービス「みかづき」という、連帯保証人と身元保証の負担を減らしたサービスを提供しています。

介護施設運営をされている方向けに、介護施設に関わる費用を保証するなど、施設のお金に関わる問題を解決するサービス、施設利用料保証サービス「えんがわ」 も提供しています。
関連記事