援助が必要な方の「ヘルプマーク」をご存知ですか?

こんにちは、カワイコーポレーションです。

 

皆さん、ヘルプマークをご存知ですか?

ヘルプマークとは、外見では援助や配慮が必要とわかりにくい方が、周囲の方に理解とサポートを得やすくするために作成されたマークです。

 

今回は、ヘルプマークについてご紹介します。

 

 

 

 

ヘルプマークの対象者

 

●義足や人工関節を使用している

●内部障がいや難病

●妊娠初期

●認知症

●精神疾患・知的障がいの方

 

私たちができるサポート例

 

 

〇電車・バスの中で席を譲る
外見は健康に見えても、疲れやすい、同じ姿勢を保つことが困難な方がいます。

また、外見からは分からないため、優先席に座っていると不審な目で見られることがあります。

 

〇困っている様子の時は声をかける
突発的な出来事に対して臨機応変に対応することが困難な方や、階段の昇降などの動作が困難な方がいます。

 

〇災害時は、避難するお手伝いをお願いします。
障がいなどにより、状況把握が難しい方、肢体不自由者等の自力での迅速な避難が困難な方がいます。

 

〇ヘルプマークの裏には、緊急連絡先や必要な支援内容が記載されています

 

 

 

ヘルプマークの入手方法

 

 

お住まいの各自治体へお問い合わせください

 

原則、障害者手帳の提示等は必要ありません。

*自治体により書類の提出が必要です、事前に確認ください

 

郵送が可能か不可は、各自治体のホームページでご確認ください

同じ用途の「ヘルプカード」独自のカードを配布している自治体もあります

 


【大阪の場合】


・大阪府庁福祉部障がい福祉室障がい福祉企画課

大阪市中央区大手前3-2-12府庁別館1階

・府各保健所
・府内市区町村障がい福祉担当課(詳しくはそれぞれの市区町村にお問合せください。)

 

 

【利用する方が申し出で、窓口で配布】

 

・障がい種別・等級、病名などによる条件はありません。
・書類記入は不要
・郵送は不可
・無料配布

 

※ヘルプマークの販売は認めていません

※ヘルプマークに関する寄付活動等には、一切、関与しておりません

※ヘルプマークの趣旨に沿った、適正な利用をお願いします

 

 

 

 

ヘルプカードをつけていても、必ず援助や配慮が必要な時ばかりではありません。

つけている方を見かけたら、少しだけ心を寄せてみてください。

何か必要そうだと感じたら・・・

無理がない範囲で声をかけてみてください。

 

その時は必要が無かったとしても、その一言がその方の心の助けになるはずです。

 

 

 

私たちは、老人ホーム・介護施設の身元保証サービス「みかづき」という、連帯保証人と身元保証の負担を減らしたサービスを提供しています。

介護施設運営をされている方向けに、介護施設に関わる費用を保証するなど、施設のお金に関わる問題を解決するサービス、施設利用料保証サービス「えんがわ」 も提供しています。
by
関連記事