認知症と老人性うつの違い

こんにちは、カワイコーポレーションです。

 

60代や70代になってからうつ病を発症する人も増えています。

「うつ病」は記憶力や判断力が低下するので「認知症」と間違われやすい病気です。

反対に「うつ病」を疑い受診した結果「認知症」だったというケースもあります。

 

うつ病と認知症の違いをお話します。

 

 

 

うつ病と認知症の違い

 

 

うつ病と認知症の違いを挙げてみましょう

 

 

初期症状と進行速度

 

 

<うつ病>
・初期症状・・・不眠・食欲低下・体調不調・引き込もる
何かのきっかけや環境変化で比較的短い期間に様々な症状が出る

 

<認知症>
・初期症状・・・物忘れや記憶障害
徐々に進行し、発症の時期がはっきりとしない

 

 

 

自責の念の有無

 

 

<うつ病>
「自分の症状のせいで周りに迷惑をかけている」という自責の念が強く悲観的になる

 

<認知症>
「死にたい」など自責の念を訴えることはあまりない

 

 

 

記憶障害(物忘れ)の有無

 

 

<うつ病>
何かをきっかけに突然思い出せなくなり、それによって心配や不安が高まる傾向があります。

 

<認知症>

軽度の記憶障害から始り、徐々に進行していく
「ご飯を食べた」など物事自体を忘れ、物忘れを否定する傾向がみられます。

 

 

 

精神症状

 

 

<うつ病>

金銭的な不安「貧困妄想」や病気の不安「心気妄想」

 

<認知症>

誰かが家に入ってくる不安「侵入妄想」やものを盗まれる不安「ものとられ妄想」

 

 

 

本人自覚の有無

 

 

<うつ病>

自分の認知機能の低下を自覚できるため、症状が悪化していないかを気にする

 

<認知症>

認知機能の低下にしたがい自分の症状に無関心になる

 

 

 

質問に対する受け答えの違い

 

 

<うつ病>
質問に対し、考え込んでしまい、回答がはっきりとできない場合が多い

 

<認知症>

質問に対して、見当違いだったり、的を得ない回答をし、そのことを指摘すると、取りつくろう場合が多い

 

 

 

医療機関で診察と検査

 

 

高齢者の場合、うつ病と認知症が合併することもあります。

また内科・脳外科系の病気で意識障害が起こることもあるので、「あれ?ちょっとおかしいかも・・」と思った時は医療機関にかかり、適切な検査と治療を受けてください。

 

私たちは、老人ホーム・介護施設の身元保証サービス「みかづき」という、連帯保証人と身元保証の負担を減らしたサービスを提供しています。

介護施設運営をされている方向けに、介護施設に関わる費用を保証するなど、施設のお金に関わる問題を解決するサービス、施設利用料保証サービス「えんがわ」 も提供しています。
by
関連記事