認知症の診断方法<心構えと注意点>

こんにちは、カワイコーポレーションです。

介護が始まるきっかけの認知症。認知症が疑われたら診察を受け、別の病気の可能性がないかを診てもらう必要があります。その診断方法注意点についてお話します。

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

「認知症の診断方法を教えてください」

 

 

1.面談

 

・本人と家族から現在の状態や、かかった病気などを聞きます

 

<注意点>

・緊張し、情報をうまく伝えられない

・検査に乗り気でなく話さない、「おかしいところはない」と言い、面談者や家族に不満をぶつけることもあります

 

 

2.一般的身体検査

 

・認知症の検査と鑑別診断のため血液検査、心電図検査、感染症検査、X線撮影など、一般的な身体検査を行います

 

<注意点>

・長時間かかる場合もあり

・今後の医療・介護方針を決めるために、他疾患の有無を調べることは重要です

 

3.認知症検査

 

・問診による神経心理学検査と、脳画像検査

・質問や作業をおこなう検査で、代表的なものは以下です

*検査の結果、一定基準の点数を下回ると「認知症の疑い」と判定されます

 

【 長谷川式簡易知能評価スケール(HDS-R)】
日付や記憶について質問したり、単純な計算や記憶想起をしてもらいます

 

【ミニメンタルステート検査(MMSE :Mini Mental State Examination)】
言葉で質問したり、字を読んでもらったり、図形を書いてもらうなど単純な計算や作業をしてもらいます

 

【時計描画テスト】
具体的な時刻を示して、時計が正確に描けているかをみる検査です

 

<注意点>

・緊張や不安などから非協力的になる場合もあります

・検査の課題に対応できなくても「認知症」と診断されるわけではありません

・検査は適切な診断のためで、本人を傷つける意図はないことを理解してもらいましょう

 

 

脳画像検査

 

脳の画像をもとに、脳の萎縮度合いや脳血流の低下を調べ、脳の器質的な状態から認知症の診断をします

 

<CT> X線を使ったコンピューター断層撮影
<MRI> 電磁気による画像検査
<SPECT>  放射線検査薬を注射し、その体内動向により脳血流量をみる検査
<VSRAD> 画像を統計的鑑別法により解析する検査

 

 

 

 

「診察を受けるときの注意点を教えてください」

 

 

 

「認知症と診断されるかもしれない」診察には緊張や不安がともない、大きなストレスになります。

受診への負担が軽減するように、以下の情報を参考にしてみてください。

 

 

事前に準備しておく情報

 

メモを準備して医師に渡しましょう

 

・気になる症状、いつからではじめたのか

・症状に気づくきっかけ、病気や事故はあったか

・進行・悪化した様子はあるか

・かかったことがある病気、現在、治療中の病気

・服薬中のお薬、いつから服薬しているか

・その他、家族の心配、気がかりなこと

*かかりつけ医の紹介状や医療情報も準備しましょう

 

 

本人が診察を拒否したとき

 

不安のある診察です、拒否されることもあり以下のような工夫も有効です。

 

・「健康診断だから」と説得する

・家族の検査に付き添い、一緒に受けて欲しいと説明する

・本人が信頼する人や医師に必要性を伝えてもらう

・地域包括支援センターにサポートしてもらう

 

診断の結果を聞くとき

 

認知症だった場合、ショックで医師の説明を覚えていない場合もあります

 

・結果は一人で聞かず、家族と一緒に行くようにしましょう

・今後の相談ができる人に事前に連絡しておくと安心です

 

 

 

 

 

 

診察や診断に納得できない時は、他の医療機関でセカンドオピニオンを受けることもできます

かかっている医療機関に「セカンドオピニオンを受けたい」と伝え、次の医療機関に検査情報を提供してもらいましょう

 

認知症になってからでは、様々な手続きに時間がかかり本人の意思は反映しにくくなります。

少しでも元気なうちに後継人・保証人・相続などの問題を解決し、不安のない生活を送るためのサービスをカワイコーポレーションは展開しています。

 

独り身で身元保証でお困りの方は「身元保証サービスみかづき」をご利用ください

 

私たちの老人ホーム・介護施設の身元保証サービス「みかづき」は、連帯保証人と身元保証の負担を減らしたサービスです。
関連記事