介護施設の種類<要介護の人が利用する場合>

こんにちは、カワイコーポレーションです。

今日は介護施設の種類について、お話させてもらいます。


 

 

 

「介護施設って、どんな種類があるの?」

 

①民間施設(一般企業が運営)②公的施設(国や市町村が運営)のふたつがあります。

そして、介護が必要な人・自立している人によって利用できる施設が変わります。

 

 

 

「介護が必要な人が利用できる施設って、何があるの?」

 

 

【民間施設】

 

サービス付き高齢者住宅(サ高住)

●介護付有料老人ホーム

●住宅型有料老人ホーム

●グループホーム

 

【公的施設】

 

●特別養護老人ホーム(特養)

●介護老人保健施設(老健)

●介護療養病床

●介護医療院

 

 

 

介護の度合いによって、利用できる施設が違うので、簡単に紹介していきます。

 

 

 

民間施設

 

 

サービス付き高齢者住宅(サ高住)

・60歳以上で自立~要介護3程度の方が対象

・軽度の認知症も入所可能

・介護付き有料老人ホームと同様のサービスが提供できる施設もあり

重介護度の方の対応も相談可能

・相談員が常駐し、安否確認と生活相談サービスが受けられる住まいです

・賃貸借契約で、初期費用は比較的安価な数十万円で借りられるところが多い

 

 

◆介護付有料老人ホーム(介護専用型)◆

介護認定1~5の認定を受けた人のみが入所できます

・認知症の受け入れも可能

・看取りも可能な施設あり

・費用は、入居時に支払う入居金月額利用料がかかり、介護サービス費用は介護度による「定額制」で、収入により1~3割の自己負担額になります。

 

 

◆住宅型有料老人ホーム◆

・訪問介護や通所介護のサービスを入居者が個別に契約し介護サービスを受けます

自立~介護認定5の人が入所できます

・軽度の認知症の受け入れは可能

・看取りも可能な施設あり

・費用は、入居時に支払う入居金月額利用料がかかり、介護サービス費用は介護度による支給額限度までは、収入により1~3割の自己負担額になります。それを超えるサービスは自己負担になります。

 

 

◆グループホーム◆

要支援2以上で65歳以上の認知症の人で、施設のある自治体に住民票がある方が入所可能

・少人数で専門スタッフの介護サービスを受けながらの共同生活です

・看取りはできません

・費用は月額利用料と初期費用(入居金・保障金)が必要な場合があります

 

*要支援2=排泄はできるが、日常生活の一部に支援が必要・要支援1より日常生活動作能力がわずかに低下

 

 

 

 

公的施設

 

◆特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設 通称:特養)◆

・要介護3以上の人が入所できます

・重度の認知症の人も受け入れ可能

・看取りも可能な施設あり

・利用料は10万~15万で初期費用はかかりません

入居の順番は緊急度の高い方が優先されるので、待機者が非常に多い

 

 

◆介護老人保健施設(老健)◆

・病院と自宅の中間的な位置づけで、退院後に在宅生活が難しい要介護1以上の人が入所できます(在宅復帰を目指す)

・入居期間は原則3~6ヶ月(例外あり)

・医師・看護師の医療ケアや理学療法士によるリハビリテーションが受けれます

・看取りも可能な施設あり

・費用は4人部屋で9~12万円前後、2人部屋・個室は特別室料が加算されます。初期費用はかかりません

 

 

◆介護療養型医療施設◆

医学的管理が必要な要介護1以上の方が入所できます

・医師・看護師の医療ケアや理学療法士によるリハビリテーションが受けれます

・看取りをしてくれます

・費用は4人部屋で9~17万円前後、個室は特別室料が加算されます

・初期費用はかかりません

 

 

「施設によって、利用条件やサービスが違ってるのね、介護が必要になった場合は、どこに相談したらいいの?」

 

 

 

市役所保健所福祉事務所社会福祉協議会などの窓口がありますが、高齢者の相談を総合的に対応している「地域包括支援センター」に相談してみてください。

 

私たちの老人ホーム・介護施設の身元保証サービス「みかづき」は、連帯保証人と身元保証の負担を減らしたサービスです。

関連記事