高齢者が困った時に助けてくれる「地域包括支援センターとは?」 

こんにちは、カワイコーポレーションです。

今日は高齢者の困りごとをサポートしてくれる地域包括支援センターについてお話します。

 


 

 

「地域包括支援センターってどんなところ?」

 

地域包括支援センターは、介護・医療・保健・福祉などの高齢者の「総合相談窓口」です。

専門職員が介護サービスや介護予防サービス、保健福祉サービス、日常生活支援の相談に対応し、介護保険の申請窓口にもなっています。

 

 

 

 

「利用するのに条件はあるの?」

 

65歳以上の高齢者、またはその支援のための活動に関わっている方が利用できます。

支援対象者の高齢者が住んでいる場所の地域包括支援センターに相談してください。

 

 

 

 

「例えば、どんな相談を解決してくれるの?」

 

保健師(看護師)・社会福祉士・主任ケアマネージャーが、相談にのってくれます。

 

保健師(看護師)

 

<介護予防マネジメント>

予防給付/介護予防ケアプランの作成/要介護の予防/身体状況悪化防止

*予防給付とは、介護までは必要ない人に日常生活支援

*介護予防ケアプランとは、介護保険を使った予防サービスを利用するための計画書

 

社会福祉士

 

<総合相談>

各種相談対応/高齢者への虐待防止・早期発見/その他・権利擁護

 

主任ケアマネジャー

 

<包括的・継続的マネジメント>

地域ケア会議の開催/ケアマネジャーの相談・助言/支援困難事例等への指導・助言

 

 

 

 

「高齢者が困った時には、

まずはここに相談したらいいのね!」

 

私たちは、老人ホーム・介護施設の身元保証サービス「みかづき」という、連帯保証人と身元保証の負担を減らしたサービスを提供しています!
関連記事