巧妙な特殊詐欺の実態!被害者の9割が65歳以上の高齢者

こんにちは、カワイコーポレーションです。

 

特殊詐欺の被害者の9割近くが65歳以上の高齢者だということをご存知ですか?

高齢者だけに対策を任せるのは限界があります。

家族や知り合いが特殊詐欺の手口を知り、注意を呼び掛けてあげましょう。

 

 

 

どんな特殊詐欺があるの?

 

 

特殊詐欺の被害者の9割近くが65歳以上の高齢者で、特に女性の割合が高くなっています。

詐欺の手口・対策を知っておきましょう。

 

 

キャッシュカード詐欺

 

 

被害多くなっているキャッシュカードを狙う詐欺

 

警察官や銀行員、家電量販店、百貨店員と名乗り

 

「キャッシュカード(銀行口座)が悪用されている」

「キャッシュカードを新しくする必要がある」

「預金を保護する手続をする」

「キャッシュカードの確認のため自宅までうかがいます」

 

こうして、犯人が自宅を訪れます。

 

「暗証番号を書いた紙とキャッシュカードを封筒に入れください」と支持し

偽のカードと本物のカードをすり替え、預金を口座から引き出します。

 

警察官や銀行員などが暗証番号を聞いたり、キャッシュカードを封筒に入れさせることは絶対にありません。

 

 

預貯金詐欺

 

 

自治体や税務署の職員などと名乗り

 

「医療費や給付金の払い戻しがあるため、キャッシュカードの確認や取替の必要がある」

 

こう言って自宅を訪れ、キャッシュカードをだまし取る詐欺です。

 

キャッシュカードや暗証番号を要求するのは、すべて詐欺です。

 

 

<相談事例>

●「給付金の申請を代行するので、マイナンバーカードを貸して欲しい」と電話があった

●自治体職員から「特別定額給付金の申請を代行する」と電話があった

●「給付金の受付番号が届いていない」と電話があり、振込先銀行口座を聞かれた

●「手続きを急いでいる方」と書かれた給付金申請書がポストに入っていた

●郵送で給付金申請した後にSMSが届き、口座番号や暗証番号を入力した

 

 

 

オレオレ詐欺

 

 

息子や孫などになりすまし

仕事に関するトラブルを口実に、お金を要求する詐欺です。

 

「風邪をひいて、喉の調子が悪い」

「携帯電話をなくして携帯番号が変わった」

 

新しい電話番号を登録させた後で・・・

 

「会社のお金を株に使い込んだ」

「会社のお金が入ったバッグを失くした」

「訴えると言われているのでお金が必要」

 

偽の息子(孫)の話を裏付けるために、警察官や同僚を名乗る人物から電話がかかる場合もあります。

 

電話でお金の要求があった場合、いったん電話を切りましょう。

 

<対処法>

●信頼できる人に電話をかけなおしてもらう

●今まで使っていた息子や孫の電話番号にかけなおす

●他の家族や警察に連絡する

●息子や孫しか知らない事を聞く⇒「自分の誕生日」「息子や孫の誕生日」など

 

【政府の啓発動画】

>>>政府インターネットテレビでの「ダマされちゃだめ!給付金詐欺」

 

 

【電話de詐欺の手口詳細】

>>>電話de詐欺に注意!!多発している手口の紹介

 

 

特殊詐欺に騙されない対処法

 

 

特殊詐欺を未然に防ぐには、電話をとるまでの対処が重要です。

 

 

防犯機能つき電話機

 

 

●電話をかけてきた相手に「この通話は防犯のため録音されます」と警告

●未登録者からの電話は、赤いランプで「迷惑電話に注意してください」と警告

●着信拒否機能つき

 

具体的な機種は、「迷惑電話防止機能機器」で検索してみてください

 

 

常に「留守番機能」を設定

 

 

防犯機能を備えた電話機ではない場合は、留守番機能を設定しておき、電話の相手を確認してから電話に出ましょう。

電話口で話をすると被害に遭うリスクが高まります。

もし、電話に出ても慌てずおかしいと思ったら、すぐに電話をきりましょう。

 

 

 

玄関に見守りキューブの設置

 

 

玄関への不審者侵入を防いだり、証拠を残すために「見守りキューブ」の設置をご検討ください。
「徘徊感知機器」としての商品ですが、玄関先で何が起きているのかを見守ってくれます。
詳しい商品説明はコチラ

 

 

 

特殊詐欺の相談窓口

 

●消費者ホットライン

188(いやや)

*最寄りの市区町村や都道府県の消費生活センター等を案内します

 

●電話de詐欺相談ダイヤル

☎0120‐494‐506

 

●警察相談専用窓口

#9110

 

【警視庁】

>>>警視庁・特殊詐欺対策ページ

 

 

 

 

詐欺に騙されないには、普段からコミュニケーションを密にしておきましょう。

「元気にしている?変わったことはない?」「最近、こんな詐欺が増えているらしいよ」と

詐欺の手口や対策を話しておくことが大切です。

 

 

私たちは、老人ホーム・介護施設の身元保証サービス「みかづき」という、連帯保証人と身元保証の負担を減らしたサービスを提供しています!
by
関連記事