介護施設の種類<自立状態の人が利用する場合>

こんにちはカワイコーポレーションです。

今日は自立状態の人が利用できる介護施設の種類について、お話させてもらいます。

 


 

 

 

「自立の人が利用できる介護施設って、どんな施設があるの?」

 

①民間施設(一般企業が運営)②公的施設(国や市町村が運営)のふたつがあります。

そして、自立状態の人~要介護者が入居できる施設と自立状態の人だけが入居できる施設があります。

 

 

 

「民間施設と公的施設があるのね」

 

【民間施設】


●健康型有料老人ホーム

●サービス付き高齢者住宅

●介護付有料老人ホーム

●住宅型有料老人ホーム

 

 

【公的施設】

 

●軽費老人ホーム

●ケアハウス

 

 

 

施設によっての違いを簡単に紹介していきます。

 

 

民間施設

 

サービス付き高齢者住宅(サ高住)

・60歳以上で自立~要介護3程度の方が対象

・軽度の認知症も入所可能

・相談員が常駐し、安否確認と生活相談サービスが受けられる住まいです

・賃貸借契約で、初期費用は比較的安価な数十万円で借りられるところが多い

・介護付き有料老人ホームと同様のサービスが提供できる施設もあり、重介護度の方の対応も相談可能

 

 

◆介護付有料老人ホーム(混合型)◆

自立・要支援と要介護の方が対象

・認知症の受け入れも可能

・看取りも可能な施設あり

・費用は、入居時に支払う入居金月額利用料がかかり、介護サービス費用は介護度による「定額制」で、収入により1~3割の自己負担額になります。

 

 

◆住宅型有料老人ホーム◆

・訪問介護や通所介護のサービスを入居者が個別に契約し介護サービスを受けます

自立~介護認定5の人が入所できます

・軽度の認知症の受け入れは可能

・看取りも可能な施設あり

・費用は、入居時に支払う入居金月額利用料がかかり、介護サービス費用は介護度による支給額限度までは、収入により1~3割の自己負担額になります。それを超えるサービスは自己負担になります。

 

 

健康型有料老人ホーム

自立状態の高齢者が対象

・温泉やスポーツジムなど、健康維持を目的とした設備が充実

・要介護になった時には退去しなければなりません

・初期費用は数千万円、月額費用は15~50万円

 

 

公的施設

 

軽費老人ホーム

60歳以上(夫婦はどちらか一方)で自立~要介護3程度の身寄りのない高齢者が低価格で入居できる

・軽度の認知症も入所可能

・食事の提供がある「A型」、提供しない「B型」、「ケアハウス」の3種類があります

・「A型」「B型」は自分で身の回りの世話ができ月収34万円以下の要件あり

・要介護になった場合は在宅サービスを利用

 

 

ケアハウス

60歳以上(夫婦はどちらか一方)で自立~要介護3程度の身寄りのない高齢者が入居できる施設

・軽度の認知症も入所可能

所得制限はなし、入居金や家賃の徴収(比較的低料金で入居可能)

・「一般型」のケアハウスは食事サービス、安否確認・生活相談サービスを提供、要介護になった場合は在宅サービスを利用

・「介護型」は介護1以上の方が対象

 

 

 

 

 

「介護施設について知りたい場合は、どこに相談したらいいの?」

 

 

 

市役所保健所福祉事務所社会福祉協議会などの窓口がありますが、高齢者の総合的相談に対応できる「地域包括支援センター」に相談してみてください。

私たちは、老人ホーム・介護施設の身元保証サービス「みかづき」という、連帯保証人と身元保証の負担を減らしたサービスを提供しています!
関連記事