高齢者を狙った「アナログ戻し」詐欺にご注意!!

こんにちは、カワイコーポレーションです。

 

数年前までは、「インターネットの光回線を安くする方法がある」という詐欺が横行し、現在はインターネットを使わない高齢者に「アナログ戻しという詐欺被害が多くなっていることをご存じですか?

 

いったい、どんなふうに騙すのか手口をご紹介します。

 

「アナログ戻し」とは、インターネット接続のため光回線にした電話回線を、従来型のアナログ回線に戻すことです。

 

 

 

 

注意しましょう!詐欺の手口

 

 

①電話で「アナログ回線への契約変更」を促す

 

NTT電話切り替えサポートセンター・NTT工事代理店などと名乗る

「インターネットを使わないなら、アナログ回線へ戻した方が、電話料金が安くなる」

 

 

契約すると・・・

 

●「サポート費用」「手数料」「工事費」など高額の費用が請求される

●勝手にオプションサービスが付加され請求される

●解約しようとすると高額の違約金を請求される

 

 

図表:「アナログ戻し」詐欺に警戒を呼び掛ける総務省のホームページ(公式サイトより)

 

 

 

NTT東西ではアナログ契約変更の営業はしていません!

 

 

NTT東西では、「アナログ契約への変更」をすすめる営業は行っていないとし、営業を行う事業者にも一切関与していないと説明しています。

 

もし勧誘電話を受けた場合や被害に遭った場合・・・

事業者の会社名や住所、連絡先電話番号を確認した上で、消費生活センター(消費者ホットライン188)に連絡、相談してください。

 

※ 消費者ホットライン188

 

(参考2)独立行政法人 国民生活センター 見守り新鮮情報(高齢者・障がい者・子どものトラブル防止)[2021年7月20日:公表]
[第398号]「アナログ回線に戻す契約のはずがサポート契約に」

 

 

実際にアナログ回線にすると電話代が安くなる!?

 

 

実際に工事費や解約手数料などがかかりますが、①インターネットを使わない ②固定電で長電話しない場合は、アナログ回線に戻した方が電話代が安くなるようです。

 

インターネットを使わない方は、直接NTT東西に相談・申し込みしてください。

 

【NTT西日本・お申し込み・サービスのお問い合わせ】電話番号局番なしの 116

携帯電話から 0800-2000116
受付時間 : 午前9時〜午後5時
土曜・日曜・祝日も受付中です(年末年始12/29〜1/3を除きます)

*本人の確認のため公的証明書が必要な場合がございます。

 

 

 

まとめ

 

 

高齢者を狙った詐欺はあとをたちません。

時代にあわせて様々な手口を考え、高齢者を騙そうと近寄ってきます。

 

①ひとりで判断しない

②すぐに契約しない

③慌てない

 

とにかく、誰かに相談しましょう。

「自分は騙されない、大丈夫」そんな過信が詐欺被害に合うきっかけです。言葉巧みな詐欺手口・プロには「私も騙されるかも・・」といった慎重さが大切です。

私たちは、老人ホーム・介護施設の身元保証サービス「みかづき」という、連帯保証人と身元保証の負担を減らしたサービスを提供しています。

介護施設運営をされている方向けに、介護施設に関わる費用を保証するなど、施設のお金に関わる問題を解決するサービス、施設利用料保証サービス「えんがわ」 も提供しています。
関連記事