新型コロナウィルス感染での自宅療養でも入院給付金がでるのをご存知ですか?

こんにちは、カワイコーポレーションです。

 

「入院なし」で入院給付金が出る新常識が広がりつつあります。

新型コロナウィルス感染でホテル・自宅療養でも、医療機関の証明で入院給付金がでるのをご存知ですか?

 

いざという時のために、ご自身の保険について確認しておきしょう。

 

 

入院給付金について

 

 

【新型コロナウイルス感染症の治療のため入院した場合】

陽性・陰性にかかわらず入院給付金を受け取れます。

 

【医師の指示により、施設・自宅療養した場合】

入院給付金を受け取れる生命保険会社が多くなっています

 

【新型コロナウイルス感染症以外で、医療機関の事情で入院できず施設・自宅療養した場合】

【当初の退院予定日より早期の退院を余儀なくされた場合】

入院給付金を受け取れる生命保険会社もあります。

 

 

通院給付金について

 

 

新型コロナウイルス感染症の拡大により、医師が電話・オンライン診療が可能だと判断した場合は、2020年4月から、初診でも電話・オンライン診療を受診できるようになりました。

 

【電話・オンライン診療を受診した場合】

通院給付金の支払対象としている生命保険会社があり、新型コロナウイルス感染症以外も対象です。

 

 

保健料支払い猶予(ゆうよ)期間の延長

 

 

多くの生命保険会社では、緊急事態宣言の実施区域の契約について、契約者の申し出により保険料の払込猶予期間の延長(最長6カ月間)を行っています。

 

保険料払込猶予期間中に保険料を払い込めば、契約は失効せずに継続できます。

 

 

災害割増特約について

 

 

「災害割増特約」とは

交通事故や災害、感染症などで死亡した際、死亡保険金に一定額を上乗せする特約

金融庁の要請で新型コロナウィルスでの死亡も割増金の対象とする保険会社が増えています。

 

 

最後に

 

 

この記事は2021年9月時点の情報に基づき作成しています。

記載内容に変動が生じる可能性が高い箇所となるため、最新の情報については、生命保険会社のホームページなどで確認してください。

 

 

私たちは、老人ホーム・介護施設の身元保証サービス「みかづき」という、連帯保証人と身元保証の負担を減らしたサービスを提供しています。

介護施設運営をされている方向けに、介護施設に関わる費用を保証するなど、施設のお金に関わる問題を解決するサービス、施設利用料保証サービス「えんがわ」 も提供しています。
関連記事