【厚生労働省】新型コロナウイルス感染症に対応する介護施設の職員対象< メンタルヘルス相談窓口>

こんにちは、カワイコーポレーションです。

 

厚生労働省は、新型コロナウイルス感染事例が発生した場合や感染リスクが高い者との接触による介護施設等の職員に生じる心身の負荷に対する支援を行うことを目的として、メンタルヘルス相談窓口を設置しました。

 

 

2021年1月19日、厚生労働省より以下の事務連絡が都道府県等に発出されました。

 

「新型コロナウイルス感染症に対応する介護施設等の職員のためのメンタルヘルス相談窓口の設置について」

 

詳細は以下をご覧ください。

 

 

<介護施設等の管理者や職員が対象>

 

・新型コロナウイルス感染症、一般的な感染症予防
・メンタルヘルスに関する基礎知識
・職員のメンタルヘルス維持の対応に関する問い合わせを受け付け(電話、メール)

*相談内容や個人名・法人名が特定、公表されることはありません

 

 

◆新型コロナウイルス感染症に対応する介護施設等の職員のためのメンタルヘルス相談窓口

 

 


 

【厚生労働省】

 

 介護施設・事業所におけるメンタルヘルスに関する基礎知識

 新型コロナウイルス感染症下での対応

 新型コロナウイルス感染症下での介護施設・事業所職員が抱える不安やストレスと対応事例

 


 

【厚生労働省】

新型コロナウイルスに関する電話相談窓口

・ 電話番号:0120-565653(フリーダイヤル)
・受付時間:9時00分~21時00分(土日・祝日も実施)

 

 

 

 

高齢者に関わるお仕事をされている方々のコロナウイルス感染症に対する気遣いや気苦労は計り知れません。

この情報が少しでも役に立つと嬉しいです。

 

 

 

私たちは、老人ホーム・介護施設の身元保証サービス「みかづき」という、連帯保証人と身元保証の負担を減らしたサービスを提供しています!
by
関連記事