介護ベッドと柵や手すりの間に首などが挟まれる事故に注意

こんにちは、カワイコーポレーションです。

 

高齢者の在宅介護にかかせない介護ベットですが、毎年死亡事故が発生しています。

介護ベットを使用する際の注意点をまとめてみました。

 


 

隙間に注意!

 

 

◎ベッドや手すりの組合せにより、隙間が大きくなり、頭や首、手足が入り込みます

⇒隙間を埋める対応品、全体を覆うカバーやクッションなどで隙間を埋めて使用しましょう。

 

◎平成21年にJISが改正され、ベッド用手すりの隙間の見直しなどが行われています

⇒古いベッドをお使いの方は注意しましょう。

 

 

 

転倒・転落に注意!

 

 

◎物を取るためベッドから身を乗り出し、転落したり、サイドレールのすき間に挟まれます

⇒ベッド周りは常に整理整頓し、利用者が無理な姿勢にならないか確認しましょう。

 

◎ベッドやサイドレール、グリップに破損や変形がないか確認し、確実に固定しましょう

 

 

ベット操作に注意!

 

 

◎電動ベッドにより、ベッドと床・手すりとマットレスの間に挟まる事故が発生しています

⇒手元スイッチは安全な場所に置きましょう

⇒ベッドの背を動かす時は手足がすき間に挟まれないか、手足の位置を確認しましょう。

 

 

 

 

消費者庁:介護ベッドと柵や手すりとの間に首などが挟まれる事故に注意-毎年死亡事故が発生しています-

 

私たちは、老人ホーム・介護施設の身元保証サービス「みかづき」という、連帯保証人と身元保証の負担を減らしたサービスを提供しています!
by
関連記事