介護用品給付券を知っていますか?<大阪市の場合>

こんにちは、カワイコーポレーションです。

在宅で介護をしている家族の経済的な負担になる介護用品

市民税が非課税の世帯は、介護用品と引き換えできる給付券が交付されるのをご存知ですか?


 

 

内容

 

大阪市へ申請、給付の対象となる介護用品と交換できる給付券(1か月あたり1枚6,500円)を、交付します。

*1年間に最大12枚

*6500円を超える分は自己負担になります

 

・給付の期間は7月から翌年6月まで
・毎年、更新の手続きが必要です

 

 

 

給付券の利用方法

 

 

①カタログの中から必要なものを選び、電話・ファックス・メールで注文

②注文後、ご自宅へ介護用品を配達、給付券を渡す

 

*カタログは給付券交付時にお渡しします
*配達時に、要介護高齢者の在宅確認します

 

 

給付の対象となる介護用品

 

●紙おむつ

●尿取りパッド

●清拭剤

●ドライシャンプー

●使い捨て手袋

●介護用スプーン・フォーク

●介護用箸

●差し込み式便器

●差し込み式尿器

●防水シーツ

●口腔ケア用品

●食事用エプロン

●消臭剤

●とろみ剤

 

 

 

対象者<申請できる人>

 

 

次のいずれかに該当する大阪市内にお住まいの高齢者(要介護高齢者)を在宅で介護しているご家族(介護者)

 

①介護保険の要介護状態区分が4または5

②介護保険の要介護状態区分が3で認定調査票の「排尿」「排便」のいずれかが全介助

 

*介護者も大阪市に住んでいること
*要介護高齢者の世帯および介護者の世帯ともに、市民税が非課税の世帯

*介護者が2人以上いる場合でも、申請できるのは1人

 

 

申請方法と持ち物

 

 

次のものを持って申請してください。

 

●介護用品支給申請書<申請窓口でお渡しもできます>

●同意書<申請窓口でお渡しもできます>

●印鑑

●要介護高齢者の介護保険被保険者証

●介護保険認定調査票の写し(要介護3の方のみ)

 

 

【他の市町村から転入し大阪市内にお住まいの方】
・大阪市で市民税の非課税状況が確認できない場合は、転入前の非課税証明書が必要です

 

 

▶申請書類等についてはコチラを確認ください

 

 

 

申請の窓口<大阪市>

 

 

▶要介護高齢者の住民登録がある区の保健福祉センター福祉業務担当(高齢者福祉)

*大阪市以外の方は、お住まいの各市町村にてご確認ください

 

私たちは、老人ホーム・介護施設の身元保証サービス「みかづき」という、連帯保証人と身元保証の負担を減らしたサービスを提供しています!
関連記事