介護職に転職で国から20万!!<就職支援金貸付事業>

こんにちは、カワイコーポレーションです。

 

介護職へ転職すると20万円が支給されるのをご存知ですか?

2021年4月から始まった「介護職就職支援金貸付事業」を詳しくご案内します。

 

 

 

どんな制度??

 

・他業種から介護職へ転職した人が対象
20万円貸付(介護現場で2年間働いたら返済免除=実質「給付金」と同じ)

 

 

対象者の条件

 

 

・介護未経験者、無資格者

・指定の職業訓練(介護職員初任者研修、または介護福祉士実務者研修)を修了

 

*介護職員初任者研修や介護福祉士実務者研修は無料(2~6ヶ月)

 

<雇用保険の受給対象外の方>

月10万円の給付金の受給可能

 

 

どのタイミングでお金がもらえるの?

 

 

・職業訓練を修了してから就職するまで

 

*訓練修了後に発行される証明書を提出すると支援金を借入できます

 

 

お金の用途は決まっているの?

 

 

・就職に関わる準備金として使えます

 

<用途例>

・子どもの預け先を探す活動費

・ 介護の情報収集や学び代(講習会、書籍等)

・ 被服費等(ヘルパーの道具を入れる鞄、靴など)

・ 転居を伴う場合の費用(敷金礼金、転居費など)

・ 通勤用の自転車・バイクの購入費など

 

 

 

どこで手続きするの?

 

①ハローワーク

資格取得の相談

 

②社会福祉協議会(福祉人材センター)

貸付金の相談・申込み

 

 

全国ハローワーク一覧

全国社会福祉協議会

 

 

*詳細は地域により違います。ハローワークや社会福祉協議会、福祉人材センターで確認してください

 

 

職業訓練の介護資格について

 

 

◆介護資格の入門編<介護職員初任者研修>

高齢者の身体介護をするために必要な研修

130時間(10項目)のカリキュラム修了後には筆記試験があります<追試制度あり>

 

 

◆介護福祉士を目指せ<実務者研修>

国家資格・介護福祉士受験を考えている人に必要な資格です。

 

初任者研修の内容に加えて医療的ケアを学習

受講時間は450時間(20項目)となっているため、受講期間は初任者研修より長くなります

 

 

介護職に興味のある方、ぜひこの事業を活用してチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

 

私たちは、老人ホーム・介護施設の身元保証サービス「みかづき」という、連帯保証人と身元保証の負担を減らしたサービスを提供しています。

介護施設運営をされている方向けに、介護施設に関わる費用を保証するなど、施設のお金に関わる問題を解決するサービス、施設利用料保証サービス「えんがわ」 も提供しています。
関連記事

    関連記事はありません